地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、周南の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

周南の地域情報サイト「まいぷれ」周南

Cute Movies

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

ティム・バートン監督が誘う新しいワンダーランド それは時を超え、永遠のこどもたちが暮らす秘密の楽園

(c)2016 Twentieth Century Fox
(c)2016 Twentieth Century Fox
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

監督:ティム・バートン  
出演:エヴァ・グリーン、エイサ・バターフィールド、サミュエル・L.ジャクソン、エラ・パーネル、ジュディ・デンチ、テレンス・スタンプ

作品概要

孤独な少年と、現実世界では生きられない“奇妙なこどもたち”。
彼らの驚くべき友情と冒険にこめられた愛おしいメッセージ


『アリス・イン・ワンダーランド』『チャーリーとチョコレート工場』で世界中を魅了し、ハリウッドで最もイマジネーション豊かなヒットメーカーと呼ばれるティム・バートン監督の最新作は、ごくごく普通の男の子ジェイクが、不思議な力を持つミステリアスなミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちとの出会いによって、ありのままの自分と驚くべき宿命を受け入れてドラマティックに成長していく物語だ。
バートン監督がありったけの想像力をふくらませて観る者を誘うのは、同じ一日を繰り返し、永遠に年をとらないこどもたちが暮らす秘密めいた別世界。奇妙な少年少女がその個性をワン・アンド・オンリーの輝きに変え、めくるめく大冒険を繰り広げるファンタジー・ワールドに、誰もが特別な愛おしさを覚えずにいられない。

ストーリー

フロリダで生まれ育ったジェイクは、周囲になじめない孤独な少年。そんな彼の唯一の理解者である祖父が謎めいた死を遂げた。祖父の遺言に従って小さな島を訪れたジェイクは、森の奥で古めかしい屋敷を発見。そこには、美しくも厳格なミス・ペレグリンと空中浮遊能力を持った少女や、いたずら好きな透明人間の男の子、常に一緒に行動する無口な双子、後頭部に鋭い歯を持つキュートな女の子など、まさに“キミョかわいい”(=奇妙でかわいい)少年少女たちが住んでいた。やがて彼らと心を通わせ、夢のような時間を過ごしたジェイクは、自らに宿った、ある“力”に気づき、屋敷に迫る恐るべき脅威に立ち向かっていくのだった…。

記者のみどころ

『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズを始め、奇妙なのに愛おしいキャラ描写が特徴的な名匠、ティム・バートン。彼の最新作である本作『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』もまた、そんなティム・バートン・ワールド全開の、ファンタジー・アドベンチャー作品だ。

同じ1日を永遠に繰り返し、永遠のこどもたちが暮らす不思議な屋敷。こどもたちひとりひとりに奇妙な能力があるのだが、その描写が何とも監督らしい。“気持ち悪い”と“可愛い”のギリギリをついてくるキャラ描写は健在だ。『アベンジャーズ』などで活躍する名優、サミュエル・
L・ジャクソンも監督の世界観に染まり、邪悪なオーラをまとった“奇妙な”姿でミス・ペレグリンらを苦しめる。

作品中盤、とある事件が発生し、こどもたちはそれぞれの能力を活かした冒険に繰り出す。ファンタジーの世界観が一気にアドベンチャー作品へと切り替わり、それぞれの能力を駆使した冒険が始まる。また作品終盤、全員に見せ場がある、まるで異能力バトルのようなバトルシーンは本作最大の見せ場だろう。

こどもたちの1人が“体に蜂を宿す”能力を持っているため、虫が生理的に無理な方は要注意だ。若干のグロと、それを全く苦に感じさせない世界観。ティム・バートン監督流の少年マンガ風アドベンチャームービーの中で明らかになる、主人公ジェイクの能力とは。

Text by EISUKE