地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、周南・下松・光の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

周南・下松・光の地域情報サイト「まいぷれ」周南市・下松市・光市

空気が乾燥する季節はドライアイ患者増加!【下松市 薬局】

 くすりの下松のニュース

空気が乾燥する季節はドライアイ患者増加!【下松市 薬局】
我が国のドライアイ患者は、推定で2200万人とも言われています。
オフィスワーカーにおいては、3人に1人がドライアイ(疑い例を含む)。という報告もあり年々増加傾向です。
イメージとしてドライアイ患者は若い人が多いそうですが、実はお年寄りの方に多くみられます。涙液の分泌が低下し、目の表面の油の出も少なくなるからです。また若い人では、男性よりも女性が多いというデータが出ています。

ドライアイの約50%の人は目の疲れを訴えています。さらには、涙が出て困るとも。なぜドライアイに涙がでるのか?
それは目の表面が乾燥することにより、目が刺激され涙が出てくるというわけです。

【疲れ目サイクル】
ストレスにより交感神経が活発に働く。
      ↓
まばたきの回数が減り、涙の分泌が抑えられる。
      ↓
目が乾燥し、疲れ目になる。

【乾燥から目を守るドライアイの癒し方】
■部屋の湿度を一定に保つ
■ホットタオルで目をリフレッシュ
■まばたきの回数を意識的に多くする
■適切なメガネやコンタクトレンズを使用する
■目に良い栄養をとる

ドライアイ
49歳、女性に方のお話です。すべてが二重に見えるようになり、眼科を受診するとドライアイと診断されました。目薬のみの処方で様子を見ていましたが、何か月過ぎても一向に回復しませんでした。天眼が飲み始めて、すぐに効果を実感することができました。それ以来ずっと飲み続けています。現在は普通に見えるようになり、もう手放せない感じです。

目に良いサプリメント!天眼180粒 6,800円(税抜)※1ヶ月分

詳しいお問合せはくすりの下松まで気軽にご相談下さい♪

カテゴリ

最新のニュース一覧へ